きれいな目

まつげ育毛剤のルミガンは、正しい使い方をすることで効果が発揮されます。間違った使い方をしてしまいますと、まつげが伸びないだけではなく色素沈着などが起こる可能性がありますので注意が必要です。効果を実感するためにも、自己流ではなく正しい使い方を知っておきましょう。また、ルミガンの注意点も併せて知っておくことをおすすめします。

ルミガンを使用する前には、必ず洗顔やスキンケアを終わらせておく必要があります。汚れやメイクがまつ毛についている状態で育毛剤を塗っても効果を実感することはできません。また、ルミガンを塗ったあとに洗顔をしてしまいますと、せっかく塗った薬が流れてしまいます。まつ毛に汚れが残らないように丁寧な洗顔を心がけましょう。また、洗顔が終わりましたらスキンケアも終わらせておくのがおすすめです。

次に、ルミガンを塗る頻度は1日1回になります。1回分の量は片目に対して1滴で十分です。1日に何回も薬を塗ってもあまり意味がありません。たくさん育毛剤を使えば、それだけまつげが伸びやすくなるのではないかと勘違いしている人も多いですが、それは大きな間違いです。洗顔後のまつげがキレイな状態で1回だけ使えば十分に効果を実感することができるでしょう。

そして、最後にルミガンを塗るときは専用のアプリケーターを使用して、まつげの根元からきちんと塗るように心がけてください。点眼薬なので液体だという特徴があり、アプリケーターを使わないでまつげに直接塗るのはとても難しいです。万が一目に入ってしまいますと副作用が起こるリスクが高くなりますので、必ずアプリケーターを使用しましょう。そうすれば、液体をこぼすことなくきれいにまつげに塗ることができます。

まつげ育毛剤は、まつげ自体に塗ってもあまり効果を実感することはできません。まつげの根元に塗ることで高い効果を実感することができます。育毛効果を発揮させるためにも、まつげの生えている毛穴に浸透させるように意識をして塗りましょう。

ルミガンの注意点は、点眼薬をあまり出し過ぎないということです。はみ出した状態のまま塗ってしまいますと、その部分が色素沈着を起こしたりかゆくなったりする場合があります。たくさん塗ったほうが効果が出るのではないかと、よく必要以上の量を出してたくさん塗る人がいますが欲張り過ぎてしまいますとうまく塗ることができなくなります。適量を守って塗るように心がければ、上手にぬれるようになりますし高い効果も実感できるでしょう。

また、万が一まつげ以外の箇所に育毛剤がついてしまいましたら、必ず拭き取るようにしてください。まぶた周辺は皮膚がとても薄いため、手で拭き取ってしまいますと傷がつく恐れがあります。ティッシュなどを使ってまぶたを優しく押し当てるようにすれば、簡単に拭き取ることができるでしょう。

ルミガンで使用するアプリケーターは、専用のものでなくても100均でも十分に代用ができます。綿棒や歯間ブラシを使用して塗っているという人が多くいるようですので、コストも抑えられますし是非試してみてください。綿棒は液体をきちんとしみこませることができますので、液だれする心配がありません。ですが、綿棒に液体がしみこみ過ぎてしまいますと、肝心のまつげの根元に薬をあまりぬれなくなるかもしれないというデメリットがあります。

そして、歯間ブラシですが綿棒とは違い、洗えば何回も繰り返して使用することができるというメリットがあります。ですが、何回も何回も使用し続けることで、雑菌が繁殖するかもしれないというデメリットもあるので注意が必要です。そのため、繰り返し使用することはできますが、基本は使いきりで使用することがおすすめです。