• ホーム
  • いや服品だからこそ知っておきたいルミガンで起こり得る副作用とは

いや服品だからこそ知っておきたいルミガンで起こり得る副作用とは

2020年01月31日
きれいなまつげ

ルミガンはまつげが短いと感じている人や、量が少なくて増やしたいと考えている人などにおすすめするまつげ育毛剤です。日本では主に睫毛貧毛症で悩んでいる人の場合、病院で処方してもらうことができます。夜に1回塗るだけでまつげの育毛が可能となりますが、効果を実感するまでに早くても2か月程度掛かることから、毎日きちんと塗り続けなくてはいけません。また、使用を中止すると徐々に元のまつげの状態に戻ってしまうという特徴もあります。

このような特徴のあるルミガンですが、まつげの育毛だけではなく気を付けなくてはいけない副作用も存在します。本来は緑内障用の点眼薬であるため安全性は確保されていますが、稀に目がかゆくなったり色素沈着や違和感、目の充血や渇きなどの副作用が起こることがあります。重大な副作用としましては、目の虹彩への色素沈着、そして眼瞼溝深化などが報告されています。

ルミガンの副作用の1つである色素沈着は、一度起こると元に戻らない種類の色素沈着もありますので予防方法や原因をきちんと知っておく必要があります。色素沈着は、細胞に色素が溜まることで色が変化する現象です。紫外線の影響によりメラニン色素が作られて、日焼け後に皮膚が褐色になるのも色素沈着の一種です。

まつげの根元はとても粘膜に近くデリケートな個所となりますので、メラニン色素の影響が出やすいという特徴があります。ルミガンの有効成分であるビマトプロストはメラニン色素の働きを促す効果があり、その作用で濃いまつげの育毛が可能となるのですが皮膚に付着してしまいますと色素沈着を起こしてしまいます。

肌への色素沈着であれば、使用を中止することで回復することが望めます。回復する期間は個人差がありますので、もちろん使用する際には皮膚につかないようにすることが一番大切です。重大な副作用として挙げられるのが虹彩への色素沈着です。虹彩とは瞳孔の大きさを調節して、網膜に入る光の量を調節する役割を持っています。

万が一虹彩に色素沈着が起きた場合は、使用を中止しても治ることはありませんので、事前にきちんとした予防をすることが大切です。ルミガンを使用するときは、皮膚に付着しないことはもちろんのこと、目には絶対に入らないようにしてください。万が一目に入ってしまった場合は、そのままにしておくのではなく必ず水で洗い流すようにしましょう。ルミガンを使用する前にまぶたの周りにワセリンを塗ると薬をはじく効果があると言われています。うまく塗れない場合は是非試してみてください。